スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
ジョージ

「本村サン!」

見覚えのある顔をした西欧人の男は、腕時計を指さしながら、近寄ってきた。

私は、とある女性(以下Q)と旅をしていた。

舞台はヨーロッパ。

Qは、普段は日本の某NPOで働いている。

周囲も羨むようなキャリアチェンジをやってのけた、私が尊敬してやまない女性だ。素敵な旦那様もいる。
 

その日、私とQは、蚤の市にやってきていた。

Qは、じゃあ1時間後にまた入り口辺りで集合ね、とだけ言い残して、スタスタとひとりで歩いていってしまった。

私はといえば、コペルニクが扱うソーラーランタンが売られているのを見つけ、嬉しくなって値段交渉を始めた。
 

「もう行かなきゃだよ。」

何分ぐらい経っただろうか。ふと気がつくと、物色を終えたQがそう言って近寄ってきたので、私たちは白い車に乗り込んだ。ハンドルを握るのは私だ。

車は、トンネルのある高速道路を走り抜け、大学のキャンパスにありそうなおしゃれなカフェに辿りついた。私たちはそこで、しばしの休憩を取ることにした。

ふう。
 

冒頭の声が聞こえてきたのは、その時だ。

見覚えがあると一瞬思った顔の持ち主は、サントリーのBOSSのCMに出てくる、あの男だった。

まずい。

この時間帯は、私は彼と約束したことを、別の場所でしているはずなのだ。

説明しなくては。うーむ、なんと言おう。

身体が勝手に動いた。

「ジョージ、俺の話を聞いてくれ。」

そこで、目が覚めた。

ゆ、夢か。。

 

JUGEMテーマ:日記・一般
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://thanx7777.jugem.jp/trackback/215
page top   

RECENT COMMENTS
つながり
ALBUM
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from minamoto. Make your own badge here.
ブログ書いて植林
SINCE 2007 JULY
NEW ENTRIES
PROFILE
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode