スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
私にとってのラオス
 *季刊「テイスト・オブ・ラオス」2011年10〜12月号に載せて頂いたサワン通信第4話(最終話)です。

===================================================
 あなたにとって、ラオスとは何ですか?
そう尋ねられたら、あなたなら何と答えるだろうか。

 私とラオスとの付き合いは、2001年2月に初めてビエンチャンを訪れて以来、10年以上になっている。とはいっても、その間ずっとラオスと関わってきた訳ではなく、日本や南アフリカ、フィリピンなどに住んだり、出張していたときには、ラオスに関わることは少なかった。ラオス語は、未だにあまり話せない。でも、ラオスはいつも私の心の中にある。私にとって、ラオスは「ふるさと」のようなものかなと思う。ただ、なんとなくしっくりこない。

 ラオスでの暮らしは、私にいろいろなことを気づかせてくれた。ゆるやかな時間の貴重さ、夕陽や自然の美しさ、丁寧な手しごとの尊さ、開放感のある空間の心地よさ、人とのつながりの大切さ、そしてラオスの豊かさ。今でもそれらを完全に理解できているわけではないのだけれども、少なくとも、仕事やプライベートで、少数民族を含めたラオス人や日本人の方々と接するなかで、途上国や先進国の別なく、豊かさとは何なのか、ということを考えさせてくれたことは事実だ。

 Cafe Anakotを通じて出会った友人たちは、その問いを自分ごととして考えるために、たくさんの喜怒哀楽を感じる体験をさせてくれた。これまでにこのサワン通信でご紹介してきた、オーナーのヒロさん、momobooksのマーティン、日本国際ボランティアセンターのラオス現地代表であるマサさん。もちろん、彼らだけではなく、ここを通じて出会い、知り合いになったラオス人や日本人みんなが、いまの私を作ってくれた。

 2011年1月から、東京・高円寺で一軒家を借りて、本村貸本店高円寺支店というのを始めた。本店は、父方の祖母が長崎・日の出町でやっている(現在は休業中)。高円寺支店は、貸本業を営んでいるわけではない。ここでやっているのは、本を通じた場づくりのようなものである。ときどき、イベントをやったりもする。そこでは人と人が出会い、未来を紡いでいく。そう、私と数々の人との出会いと未来を紡いでくれたCafe Anakotのように。

 いま、冒頭の問いに対する答えを改めて考えてみる。
 私にとって、ラオスは、今の自分を育ててくれた場所。ふるさとよりも、しっくりくる。

 あなたにとって、ラオスとは何ですか?
===================================================
| comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |









http://thanx7777.jugem.jp/trackback/211
page top   

RECENT COMMENTS
つながり
ALBUM
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from minamoto. Make your own badge here.
ブログ書いて植林
SINCE 2007 JULY
NEW ENTRIES
PROFILE
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode