スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
旅するわらしべ陽介くん

旅するわらしべ陽介 

旅するわらしべ陽介くん。

とっても感じのいいイケメン。
下関市立大学、経済学部国際商学科3年生。←国際商学科って珍しくないすか?

休学して、いま旅人。

カフェチャイディーには、豚カツセットを食べにきてくれた回も含め、何度もご来店してくれました。

この日は朝から、わくわく。

夕方になっても現れなくて、ひやひや。

心配になって、お店の前で待ってたら、さっそうと現れました。

で、彼が持って現れた「ピンク色のかわいいかばん」の

かわいさは、想像してたかわいさとは違いました(笑)。

が、そこはさすがわらしべ陽介。

ピンクと黄色は私のラッキーカラー。

ひよこは私のラッキー動物。

私にとっては、ラッキーの固まりのような一品でした。

ハロキティが大好きな、香港出身の中国人の女の子と交換したとのこと。

交換場所は、ベトナム・ハノイ。

出逢ったきっかけは、南寧からハノイの寝台列車で一緒だったことから。

わらしべ陽介くんが、このかばんと交換したのは、旅行用の小さい携帯用シャンプー。

交換するのは、私で4人目。

童話のわらしべ長者の旅は、一本の藁から始まりましたが、
わらしべ長者 --> http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/7211/Japanese/warashibej.html
(余談ですが、カフェ・レストランの経営者となった今、この童話を読むと、ぐっときました。特に最後らへん。)

わらしべ陽介くんの旅は、何かの付録でついてくるような、

おもちゃの鍵から始まったそうです。

等価交換。お互いが、ものの価値を認め合ったものを交換する。

それが、童話のわらしべ長者の交換ルール。

ハロキティが大好きな女の子にとって、このかばんはけっこう

大切なものだったんじゃないかな。

ということで、値段は安いかもしれないけど、ものとしての価値は高いと判断。

「お店と交換する?」「それもいいっすね(笑)」

とか冗談言いながら、悩んだ末、私が選んだのは、

カフェチャイディーで販売させて頂いているBomb Guitar bottle opener。

旅人だけでなく在住者からのニーズも高く、おしゃれで実用的かつソーシャルな人気商品です。

ラオスの深刻な社会的課題である不発弾。

その存在を、次の人に、世界に知らせてほしくて、

ラッキー固まりの「ピンク色のかわいいかばん」と交換しました(写真1枚目)。

で、オチとしては、彼にも読んでほしくて、森本薫さんの「タイの田舎で嫁になる」を

あげよっかと勧めたら、「欲しいなと思ってる本があるんです」「どれよ?」と

彼が指差したのは、「世界一周デート」。http://www.sekai-isshu.com/top.htm

世界一周デートと旅するわらしべ陽介

なんでも、いずれ、今の彼女と世界一周したいとのこと。うん、わかるよその気持ち。

「わかった、もってけ!」

と、後ろ髪引かれながらも、私にとっても大切なこの本を彼にあげたのでした。

旅するわらしべ陽介くん。

次はあなたの元に現れるかもしれませんよー。

追伸: 彼には、彼と物々交換した相手も、わらしべ長者を目指して、受け取ったものを交換していく、「世界にわらしべ長者を増やそうプロジェクト」を提案しましたが、どうなることやら。
 



JUGEMテーマ:旅行
| comments(0) | trackbacks(0) |
手紙
やらなくちゃいけないことに飲み込まれそうな毎日。

そんななか、ふと、立ち止まらせてくれる奴。

そんな彼が、また手紙を届けた。

今度はシリアだ。

http://d.hatena.ne.jp/sekaiisshu/20110223/1298445522

読みながら、にやけるのを止めれなかった。

年賀状への返事もできていない皆さん、ごめんなさい。

私はラオスで元気です。



| comments(0) | trackbacks(0) |
マーティンとの出会い
* 季刊「テイスト・オブ・ラオス」2011年1〜3月号に載せて頂いた文章です。

========================================

 Cafe Anakot
が紡いでくれた糸のひとつに、マーティンとの出会いがある。
 日系アメリカ人のマーティンは、自分の名字Momodaを使ったmomobooksを出版している。その多くは、ラオス人のための英語や日本語の教材だ。ラオスでは、まだまだ良質の語学教材が少ない。長年教壇に立つなかで、そのことを痛感していた彼は、自らmomobooksを立ち上げたのだ。


 マーティンは手話を操る。彼曰く、手話は、手だけでなく身体全体や表情も駆使する。それが言葉の記憶を助けるのだという。そのことに気づいたマーティンは、自らラオス特有の手話を身につけるべくラオスの聾学校に通い詰め、ついには手話を使った語学教材を出版するまでに至った。そして彼は、ボランティアでサワンナケート教員養成学校で今も教壇に立っている。この情熱と行動が、ラオス人教師の眠っていたやる気を奮い立たせている。そんなマーティンが穏やかに語ってくれた夢は、ラオスを手話の先進国にすること、そして世界中の人々が訪れやすい国にすることだという。


 そんなマーティンと出会ってからというもの、私はどうしたらmomobooksに貢献できるのかを考えていた。寄付をする?寄付を集める?ラオスの聾学校はコンピューターが不足しているというから、コンピューターを寄付してくれる企業を探す?どこか違う気がしていた。

 

 ある日、日本語を読み上げてくれないかとマーティンから頼まれた。聞けば、携帯電話会社と協力して、日本語学習サービスを立ち上げるのだという。少し悩んだが、引き受けることにした。私は、声だけはいいね、とたまに言われるからだ。女性の声もあったほうがいいので、Cafe Anakotのヒロさんも参加することになった。

 

 「おげんきですか」「はい、おかげさまで」「きゅうりはすきですか」「はい、すきです」

Cafe Anakotに二人の声がこだまする。録音するマーティンも真剣そのもの。この声が、日本語を学びたいラオス人のためになるんだ。その想いに後押しされて、ときどき噴き出してしまいながらも、なんとか必要な文章を読み上げた。


 サワンナケートに導かれて出会った三人。その三人で紡いだ日本語学習サービスという未来。近いうちに携帯電話で「おげんきですか」を学んだラオス人に会えるだろうか。

 

=======================================================================

(無断転載・複写を禁じます。)

| comments(0) | trackbacks(0) |
ネパール入り
 ニンポスがネパール入りしました。
自転車で世界に手紙を届けているニンポス。

自転車世界一周配達日誌 http://d.hatena.ne.jp/sekaiisshu/

私の友達が託した手紙も配達予定。応援お願いします!

ちなみに、別の友達が託した手紙は無事インドネシアで配達されました。
| comments(0) | trackbacks(0) |
ラオスとSmile Park
世界を変える。

Smile Park http://smile-park.com/ はそう期待させてくれます。

ラオスでデザイン活動を開始したSugiXさん、http://smile-park.com/sugix/

日本で何やら企んでいらっしゃるKosakaさん、http://smile-park.com/kosaka/

注目です。

私も少しずつ世界を変えます。見ててください。
| comments(2) | trackbacks(0) |
page top   
1 / 9 pages >>

RECENT COMMENTS
つながり
ALBUM
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos from minamoto. Make your own badge here.
ブログ書いて植林
SINCE 2007 JULY
NEW ENTRIES
PROFILE
CATEGORIES
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode